ニーサ口座を作る前に知っておこう!

ニーサは少額投資も可能となっている

ニーサとは2014年にスタートした少額投資非課税制度のことです。本来は、株式投資で得た売却益や配当利益に対しても、給与などと同様に所得税が課せられます。株式の売却益にかかる税率は20%ですが、2013年までは投資を活発に行ってもらう為に10%に軽減していました。その軽減制度が終了した為、変わりに導入された制度がニーサです。ニーサは、100万円以下の投資に対する利益に関しては、最長5年間非課税とする制度です。尚、2016年からは非課税枠が最大120万円に増額されます。
ニーサは決して大口の投資家の為の制度では無く、一般の方たちにも積極的に株式投資に参加してもらいたいことを制度の目的としていますので、制度の名前の通りに少額での投資に向いています。決して100万円の投資を必ず行わなければいけない訳では無く、5万円でも10万円でも非課税で投資を行うことが可能です。
非課税期間は最長5年間ですが5年が経過した場合は、100万円を上限に新たなニーサ口座に移管することが可能ですので、最長10年間の非課税期間を利用することが可能です。ニーサの対象商品は、上場株式や公募株式投資信託等で、国債や社債などは制度の対象には含まれません。また一般口座や特定口座を利用した場合は20%の税率が課せられますので、必ず非課税口座を利用することが必要です。
ニーサは5年間の非課税の恩恵を受けることが出来ますので、比較的長期投資に向いている制度と言えます。逆に短期投資の場合は、売買を短いスパンで繰り返しますので、いくら一回の取引額が少額とは言ってもすぐに100万円の非課税枠を使い切ってしまう可能性が高いです。100万円の非課税枠はあくまでも投資金額に対してであって、投資利益の金額では無いことに注意が必要です。