ニーサ口座を作る前に知っておこう!

ニーサを効果的に利用するには法人の税務対策の理論

ニーサは100万円まで投資利益に対して非課税であることが大きな利点として注目を集めています。しかしこのニーサには様々な規定があり、その規定を理解していないと優遇を受けられなくなるばかりでなく、課税対象となり後々大きな損益になってしまうことも有るのでその運用には十分注意したいものです。
実はその考え方は法人の税制対策の理論に非常によく似ています。法人の税制における非課税の枠にもそれぞれの適用の方式が有り、単年度で取得した物を継続的に使用する場合には設備申請をして課税対象とすることを申告しなければならなかったり、またその申請を怠ると申告漏れとして追徴課税を受けたりといった詳細な規定があるからです。
しかし多くの法人はなかなかその部分を理解できないことも多く、またその理論を誤って解釈して申告漏れを起こしてしまう例も多々あります。これはその理論が法人税法を的確に理解していないと解釈が難しい上、その法律に基づいて明確な根拠を理論的に説明する準備をする必要があるからです。その為、多くの法人では会計士や弁護士などと契約し、このような法律的解釈の裏付けを行っている実態が有ります。
ニーサを効果的に利用するには、この法人の法人税及び控除の理論同様、まずは正確にその非課税の適用範囲及び適用条件を理解することが非常に重要です。しかし、ニーサを利用する個人投資家の多くは会計士や弁護士を雇用する余裕はない場合がほとんどです。その為、多くの金融機関ではニーサを販売するに当たり、有資格者をアドバイザー若しくはプランナーとして配置し、顧客に不利益を与えないような商品展開を行っています。
ニーサは一見すると非常に効率の良い投資方法に見える部分が有ります。しかし、その裏には複雑な条件が有ります。効果的に利用するためには良い金融機関のサポートを受けることが大切です。